癒し効果

パワーストーンの指輪、どこにはめる?

パワーストーンを肌身離さず持っておきたいならば、アクセサリーにしてはどうでしょうか。
女性ならば、アクセサリーをしていてもとても自然です。
職場でも、落ち着いたデザインのものならばアクセサリーくらいつけることができますよね。
ずっとパワーストーンの力を得ることで、より効果を実感することができます。

パワーストーンを指輪にする人は多いです。
金属アレルギーでも指輪ならば大丈夫という人は多いので、それもあり指輪の人気は高いのです。
パワーストーンの指輪をするならば、適当な指にはめてはいけません。
指によって、もたらしてくれる効果が違うのではないかって言われているからです。

パワーストーンの効果をさらに高めたいと思うのであれば、目的に合う指に指輪をつけるべきでしょう。
同じ指でも右手と左手によって得られる効果が違うこともあるので、しっかりと確認する必要があります。
まず右手の親指ですが、うち破りたい壁があるようなときに効果をもたらす指だと言われています。
右手の人差し指は夢を実現したい人に効果的な場所です。

右手の中指は、直感力を高める効果があります。
機敏に動けるようになるでしょう。
右手の薬指は、恋愛効果があります。
復縁したようなときにも、良い指だと言われています。

また精神的な安定を得ることもできます。
右手の小指は高感度をあげたい時に役立ちます。
左手の親指は、自信を取り戻すことができます。
左手の人差し指は積極的になれて精神的に強くなれます。

左手の中指は人間関係を円滑にすることが可能です。
左手の薬指は、別れた人ともう一度付き合いたい時に役立ちます。
左手の小指は、恋愛チャンスが増えると言われています。

左右それぞれの指によって、もたらされる効果が違うのです。
目的に合うパワーストーンを、目的に合う指にはめることで、かなりの効果を実感することができるのではないでしょうか。
指輪にするならば、意識してはめるようにしましょう。

Site Menu