癒し効果

古くなったパワーストーン、どうしたらいい?

パワーストーンは毎日ケアしてあげなければなりません。
メンテナンスを怠ると、すぐに汚くなってしまいます。
見た目が汚いだけではなく、効果が薄れてしまうのでパワーストーンの意味がなくなってしまいます。

パワーストーンを愛しているならば、メンテナンスの時間も楽しくなるでしょう。
パワーストーンを愛してこそ、パワーストーンの効果を実感することができるのです。
それを忘れないでパワーストーンを使っていかなければなりません。

どれだけメンテナンスしても、パワーストーンが綺麗にならないこともあります。
長年使っていると、パワーストーンは古くなってしまい、変色したまま元に戻らなくなりますしパワーストーン効果もなくなってしまいます。
古くなったパワーストーンはどうすれば良いのでしょうか。

アクセサリーとしてつけていてもパワーストーンの効果がないのですから、次のパワーストーンを使っていきたいですよね。
だからと言って今までお世話になったパワーストーンなのですから、普通にごみ箱に捨ててしまってはいけません。
パワーストーンに対しての感謝の気持ちを忘れないよう、最後までパワーストーンの事を考えなければならないのです。
古くなってしまったパワーストーンは、土に埋めたり川に流したり海に流すと良いと言われています。

パワーストーンをもともと自然から取られるものです。
なので自然にかえしてあげるということです。
面倒だと思う人もいるかもしれませんが、パワーストーンを大切にする気持ちを最後まで忘れてはいけないのです。
パワーストーンに思い入れを持っている人もいるでしょう。

大切な人からプレゼントされたとか、ずっと持っていたので手放したくないとか、人それぞれ考えはあるはずです。
それならば肌身離さず使うのではなく、宝石箱などに保管しておくと良いでしょう。
直射日光が当たらないように暗いところに保管しておくと、色あせることなくそのままの状態で綺麗に保つことができます。

Site Menu