癒し効果

男性にモテるが付き合う機会に出会えなかった私を変えたパワーストーン

私は、男性にモテる。
そんなことを言ったら世間の人は嫌だと言うかもしれない。
だけど私にとってはどうでも良かった。
どうしてそんなことを言うのか。
それは、どんなに男性にモテても私の好きな人は私に興味が無いというからだ。
初めに、私がどれだけモテたか話したい。
中学生の頃から男子に付き合ってくださいと5人以上に言われた。
だけど私には興味がなく、むしろ友逹の恋愛に協力したいと思っていたくらいだった。
高校時代も中学時代のイケメン生徒会長や10人以上女の子から告られた経験があるサッカー部の男子付き合ってくれと言われたこともある。
学校でも塾でも変わらなかった。
そんな彼らを振っていく様子を見かねた友人にこう言われたこともある。
「あんたって本当に最低」とか
「あんたといると好きな子と話せるから一緒にいただけ」とかなり辛い思いをしている。

そんな私が彼らを振った理由は、3つあった。
1つ目は、私と付き合うとステータスだと言って自慢するタイプの男子だったから。
2つ目は、私は中身より見た目を重視していて見た目や服装に関して魅力を話すけど私のことを見ていなかったから。
3つ目は、私は将来工学部に進学しようと考えていて文武両道、部活も勉強も両方大切と信じて努力してきたのに邪魔をしてくるから。
ざっとこんな理由である。

こんなわけで中学、高校時代はこの様に過ぎた。
勉強の結果大学の工学部の進学をしてたが、高校の時と同じ状況だった。
ただ違ったのは、本当の意味で心を通わせられる女友達が出来たことだった。

弓道部で出会った友逹は私の状況を理解してくれ、男子に対して邪魔とか言ってくれて私の悩みを聞いてくれた。
ある日、友逹と夏のアルバイトで給料が出でバーゲンで買い物に言った時のこと。
偶然パワーストーンを取り扱っている店があった。
友逹が「入ってみようよ」と言うので入って、10分のつもりが1時間以上いる状態だった。
多くの石を選んでいる私に店員さんが
「店内の石で商品を作る方に無料でタロット占いをしています。いかがですか?」
と言われたため占ってもらいました。

すると、「貴方恋のチャンスはあるけれど、自分に合わない恋で悩んでいる」と言われ背筋が寒くなりました。
店員さんは「このような方は恋のチャンスが来て正しい恋かどうか見極める力と邪悪な恋を寄せない力を持ったものがいいでしょう」と言われパワーストーンのアメジストを勧められました。
自分のイニシャルが入っていて洒落ていたため、ちょっと高かったが購入したのです。
そのネックレスをつけてしばらくして、男子に色々冷やかされることが無くなって来ました。
不思議だなと感じていた所、部活で部長をしている男の先輩が話しかけて来ました。
その先輩は真面目でさりげない気配りが出来る人でしたが私が話しかける機会がない憧れの人でした。
先輩は「いつも君が男子に囲まれていて話しかけづらかった。
部活中に付き合っていることがバレると冷やかされると思って君を傷つけたくなくて声をかけることすら出来なかった。 付き合ってください。
みんなには内緒で少しづつ広まればいい」と言いました。
私は、この時初めて自分が好きになった人と付き合うことが出来たのです。

Site Menu