癒し効果

健康を守るパワーストーンのおかげで元気な赤ちゃんを授かりました

結婚をしてから4年目に子供を作ろうと子作りを頑張っていたのですが、なかなか努力をしても上手くいかない状態が続いていました。
最初はそんなに気にしていなかったのですが、嫁の方が少しずつ気にし始めてきたのと、友人などが子供を授かってきていたのもあり、精神的にナーバスになっていたのです。
あまり気にしないように話していたのですが、わたしの両親も事あるごとに子供はいつ作るのとか聞いてくるので、わたしは裏で両親に注意をしていました。
嫁は自分で排卵日を計って健康にも気をつけていたのもあり、なかなか授からないジレンマから、わたしに八つ当たりをするようになりました。
酷い時はわたしに病院へ行って精子を調べてもらった方がいいとか言ってくるので、一時はあまりの言いようにケンカにもなりましたが、嫁の気持ちも考えると、もし来年まで頑張っても出来なければ病院へ行って調べてみようかとも思っていました。
そして、ある日嫁からの連絡でトイレに行ったら自分の中から変なものが出てきたと言っていたので、何かと聞いてみるとたぶん流産したと思うという事でした。
仕事が終わって帰ってみると落ち込んでいるのかと思ったのですが、自分がちゃんと妊娠できる身体だという事にホッとしているというのです。
それは精神的に思いつめないでよかったという事で、また子作りを頑張ってみようと励まし合いました。
そんな話を友人にしていると、最近パワーストーンにハマっているらしく、わたしたち夫婦に妊娠用に健康運を上げてくれる「元気な赤ちゃんを産みたい」という願いを込めたガーネットのブレスレットをプレゼントしてくれました。
嫁がそれを貰うととても嬉しかったらしく、なんだかそういうアイテムがあると心強いと言って友人に感謝をしていました。
わたしは意外だと思ったのが、嫁はもともとそういったパワーストーンのようなものやお守りなどに興味が無かったので、ビックリしましたが、聞いてみるとなかなか子供が出来ない状態だから、何でもいいからすがりたいという気持ちが上回っているようで、自分で毎日肌身離さずに持っていました。
そして、ある日家に帰ってみると、子供が出来たという報告を突然、嫁がしてきたのです。
わたしもビックリしたのですが、家では御馳走が待っていたのでとても嬉しかったようなのです。
もちろんすぐに両親に報告をしたかったのですが、後日に一緒に食事に行く事になっていたのもあり、その時に報告をして驚かそうということになりました。
そして両親と食事の最中に、元気な赤ちゃんが生まれるパワーストーンの話をしていると、そのようになるといいねと話していたので、実はもう授かったという事を伝えた時に、あまりの驚きに母は泣いてしまいました。
それを見たわたし達も泣きそうになりましたが、嫁におめでとうと、ありがとうをしきりに言っていました。
それだけ孫の誕生を待ちわびていたのだと、わたし自身感動してしまいました。
パワーストーンをくれた友人にも報告をしてみると、そのブレスレットはずっと外さないようにして、元気な赤ちゃんが生まれるまでしっかりと守ってもらうといいということなのです。
そして言われた通りしていると元気な赤ちゃんが後に生まれました。

Site Menu