癒し効果

彼と縁切りするために私はパワーストーンを身に付けた

私は自分で自分のことが呪わしいと思うようになり、すべてのことが嫌になった時期があります。
私がなぜこんな気持ちに陥ってしまったのか、それは彼が私の前にいたからです。
大好きな彼、その彼の為に私はずい分と苦しい思いをしていたのです。
彼と私は幼馴染でしたが親元を離れて大学に入学する頃になると、私達は恋人として付き合うようになったのです。
私と彼は大学で知り合った気の合う者達同士で飲んでいて、私は慣れないお酒を飲み一人で帰ることが出来ませんでした。
足元のふらつく私を支える彼と夜道を歩いていた私は、ずっと抱いていた彼への思いを制止することが出来ず彼に抱きつき、私はキスをしたのです。
そして彼もそれにこたえるかのようにキスをしながら私を抱きしめてくれたのです。
私の心も体もお酒の勢いもあってか、燃え上がるように彼を求めていったのです。
その晩は当然のように私は彼のアパートに泊まり、彼と一夜を過ごしたのです。
私にとっては初めての経験で夢のような出来事でもありました。
彼は私に変わらぬ優しさで接してくれて、私は本当に幸せで天にも昇るような心地でした。
でもその夢心地は彼の行動によって粉々に打ち砕かれることになったのです。
彼は男友達と飲んでは行き刷りに知り合った女性達と一夜を過ごすようになったのです。
それを知った私は激しく怒り彼を問い詰めたところ、彼はあっさりその事実を認めたのです。
そして彼が言うには、私も同じことをすればいいと言ったのです。
信じられないと私は叫び、彼の頬を平手で何度も叩きながら私は大泣きしました。
彼は黙って私に叩かれていましたが、私が叩き疲れると彼は私を抱きしめて好きだと呟くのです。
私の心は悔しさと悲しさと怒りで混沌としているのに、私の体は彼の体に反応するのです。
こんなことが何度か繰り返され、私は頭がどうにかなりそうでした。
私が正直に自分の気持ちを訴えると彼は、将来自分は誰も本気で好きにならないと言いました。
その言葉を聞いた私は、彼と別れる決心をしたのです。
もう大学生活も終わりを迎えようとしていました。
私は自分の将来のことを考えるとどうしても結婚して安定した暮らしが幸せだと思ってしまいます。
またそれが自分には合っているのだということも知っています。
彼への気持ちを断ち切らなければ、私はきっと幸せにはなれません。
私が悩みを親友に打ち明けると、あなたは彼のせいで自殺するかもしれないから早く分かれたほうがいいと言われ、パワーストーンのことを教えてくれました。
私は半信半疑でしたが藁にもすがる思いで、強い縁切りの効果があるという青く美しいパワーストーンを身に付けることにしたのです。
私の彼への気持ちは変わらないように思えましたが、大学を祖次要する頃になると彼は外国へ出て働くことになり私は彼と会えなくなりました。
不思議なことにそれが私と彼の節目であったのか、私も彼も次第に連絡することなく、私の気持ちも彼から離れていったのです。
私の中であんなに強かった彼への思いも、はるか遠くの懐かしい思い出へと変わりつつあったのです。
やがて私の心は完全に彼から離れて、一緒にいると気持ちが落ち着くような優しい男性と巡り合うことが出来たのです。

Site Menu