癒し効果

パワーストーンが変色した時には

私の家族はみんなパワーストーンが大好きです。
ですからそれぞれが気に入った石を持ち、毎日身につけています。
毎日身につけているとその分、石は邪気などを吸収してわかりやすい言い方をすると汚れていってしまいます。
ですから石の様子を見てちょっとにごってるかなとか変色してるように感じた時には特に浄化を念入りにしてあげることが大切です。
その石によっては太陽光が苦手なものもあります。
そういう石は自然と変色することもあるのですが、パワーには影響はありません。
でも太陽光などが原因ではない変色もあります。
それはパワーストーンが持ち主の身代わりとなって悪いパワーを吸収したり、何かが起きるかもしれないという予兆ということがあるからです。
そういう時には石もきれいに浄化していないと本来の力を発揮しにくいのです。
浄化にはさまざまな方法があります。
例えば一番強力な浄化をできるのがクラスターというものを使う方法です。
少し大きな石の塊で先端がとがっているのが特徴です。
このクラスターを置いておくだけでもその場の気を浄化してくれるといわれています。
クラスターによる浄化はそのパワーストーンを乗せておくだけでOKです。
マイナスなエネルギーを全て吸収して浄化し、その上で新たにきれいなパワーを入れてくれるのです。
パワーストーンにとっての充電器と考えればわかりやすいです。
他に似たようなものでさざれというものがあります。
さざれは浄化作用の強い石を細かくしたもので、これで浄化する時にも上に乗せておくだけで大丈夫なのです。
クラスターやさざれはどの種類の石でも浄化してくれるというのが特徴です。
とてもよいものですので、どちらか1つだけでも持っておくと安心です。
私はさざれを持っていて石からパワーをあまり感じられなくなった時や少しにごってるように感じる時に浄化をするようにしています。
浄化をした後の石はパワーが力強く、まっすぐにパワーが入ってくるように感じます。
クラスターやさざれの他にも簡単に浄化できる方法はあります。
例えば自然の力を利用したやり方で月光、太陽光、土に埋めるというものです。
月光や太陽光はそのままそれぞれの光があたるようにパワーストーンを置いておくだけです。
月光の場合はできれば満月か月が満ちていく時にするのがよいですし、太陽光の場合は夜明けから午前中にかけての光がベストです。
土に埋める時には人間の手が入っていない自然な場所のところに埋めるのが良いです。
これらの他にも流水、塩、音、フラワーエッセンス、セージなどあります。
それぞれの石に適した浄化の仕方があるのでそれを前もって確認してから行うといいです。
私はよく流水も簡易的に浄化を行いたい場合にしていますが、湧き水などの自然水が一番ですが、水道水でする場合は容器に水をためて丸1日水にさらしておくと良いです。
そして浄化の後は水をきれいな布などでふき取ってあげるのも忘れないようにしてください。
それらをしても変色が変わらなかったり石のパワーを感じないようでしたら、それはその石が力を使い切ってしまったということですので、石に感謝をして土に埋めてあげます。
私も今まで何度か持っていた石が寿命を迎えたことがありました。
それまでずっとサポートしてくれたので、心から感謝しています。

Site Menu