癒し効果

私が行っているパワーストーンの浄化方法

私は複数のパワーストーンを持ち、普段の生活に役立てています。
身に着けて持ち歩くことなどで自分のマイナスエネルギーをパワーストーンが吸収してくれるのか、厄除けなどの効果も感じています。
ただストーンのほうは私のマイナスエネルギーを吸収しているので、そのエネルギーをクリアにしてあげることが必要になってきます。
やはりパワーストーンは放置をしていると、効果が薄れてくるように感じることもあります。
ですので、私も気を付けて定期的に浄化をするようにしています。
パワーストーンの浄化には様々な方法があります。
まず、流水、またはボウル等に張った水にさらすという方法があります。
この場合は一日程度水にストーンを浸けておくことになります。
この方法は効果のある方法ですが、パイライトやマラカイトなど水に弱いストーンもありますので石の種類によって注意が必要です。
また、塩の上に置く、塩の中に埋めるなど塩の作用を利用した方法もあります。
この方法も、オパールやターコイズ、先述したパイライトヤマラカイトなどには塩に弱い性質があるため適しません。
他には、太陽光に数時間当てておくという方法もあります。
太陽光に充てる場合は日の出から午前中の太陽光がパワーが強いと言われています。
ローズクォーツやカーネリアンは太陽光で日焼けをしてしまう可能性があるので避けるようにします。
このように、石の種類に応じて適した方法、適さない方法がありますが、一つ一つの石の性質を調べたり覚えておいたりするのは、複数の石を管理している私には難しいこともあります。
そのような場合は、石の種類や性質を選ばない方法を利用するようにしています。
例えば月光に当てる方法は比較的石を選びません。
満月の夜にはなるべく石を月光にさらすようにしています。
ただ満月の日にうっかりしていた場合や、日常的に浄化したい場合、満月には遠いけれど早く浄化をしたい場合などもあったため、水晶クラスターを購入しました。
水晶クラスターは水晶の決勝で、先端がいろいろな方向を向いています。
このクラスターの上にストーンを置いておくだけなのでとても便利です。
どのような石でも性質を損なうことなく浄化ができますし、普段持ち歩いた後帰宅してからクラスターの上においておくのを習慣づけておけばいつも効果を保つことができます。
友人は、石に音叉の音を聞かせることで石を癒し、クリアにするようにしているそうです。
これも石の性質を選ばない方法です。
ただ、私は水晶クラスターを利用するのが日常的ではありますが、先述したような日光や塩、流水を使った方法を取ることもあります。
何となく水晶の上においておくだけでも十分効果がありますが、それとは別にたまには違う方法を取ってあげることで石とコミュニケーションがとれる気がしますし、石を大切にしている気持ちが自分にも石にも伝わる気がするからです。
日常の中にパワーストーンを取り入れると、少し気持ちが変わりますが、日ごろからケアを十分に行うことでより効果を得、石に対する愛着も深まります。
一方的に効果を得ることにとどまるのではなく、こちらから石に働きかけることも大切だと感じています。

Site Menu