癒し効果

お風呂でヒーリング。パワーストーンのバスタイム

水晶水、という言葉を聞いたり目にしたりしたことはありますか。
ラフロックやさざれの水晶に水を注ぎ、水晶の力を水に移し、それをアトマイザーに入れてルームスプレーにするとお部屋の浄化に役立つ、というものです。
それと同じように、バスタブに石を入れ、自分の体をまるごと浄化してしまうということも出来るわけです。
石を湯船に入れる際には、目の細かい袋に入れるなど、石のかけらで肌を傷つけないよう、充分ご注意ください。
ユニットバスではなく、沸かすことの出来るお風呂をお使いなら、ペットボトルに石を入れ、水を作り沸かすときにそうっと上澄みだけを注ぐのでも良いでしょう。
クラスターをバスルームにおいて置くだけでも充分に効果があると思います。
ぬる目のお湯にゆっくりとつかり、水晶の力を充分に受け取ってください。
水晶には免疫力を高め、毒素を排出させるという効果があります。
体調の悪い家族がいる方は、パワーストーンのお湯を仕立ててあげて、ゆっくりとヒーリングタイムを作って差し上げてください。
水晶にあわせて使ってあげたい石はアパタイトなどいかがでしょうか。
印象的な青い石です。
見つめているだけでも、大変癒し効果の高い石なので、気に入ってくださるようならこれも入れてみてください。
マイナスの力を消していく作用があり、病気療養中には、つい不安感などに苛まれてしまいますが、その不安な気持ちの軽減には大変有効なパワーストーンです。
パワーストーンの中には水晶の種類が沢山ありますが、アメジストも病気療養、治療のパワーを持つ石として古くから重用されてきました。
紫色の神秘的な石です。
紫は高貴な色とされ特別な色として愛されてきました。
水晶と一緒に、お使いになってみてください。
病気や苦痛とは今のところ無縁、目下の悩みは恋愛なあなた。
あなたのバスタイムにぴったりなのはローズクォーツです。
薄いピンクのバラの花びらのようなその石は、恋のお守りにも使われています。
一緒にバスタブに入って、ぎゅっと握って、恋のパワーを受け取ってください。
あなたの優しさや、愛情がパワーアップして、相手に伝わることでしょう。
ピンク色の石と一緒にお風呂に入るってだけで、なんだかわくわくしますよね。
ただ、気をつけて欲しいのは普段使っているブレスレットなどはお風呂用には使わないでいただきたいのです。
石によっては、ショップの方も気がつかないで「染色」されたものを使用されている可能性もあります。
宝石の染色は、珍しいことではなく、高価なエメラルドなどでも、発色を良くし、細かな傷を隠すためにオイルに付けられていることもあります。
これは、購入者を騙そうということではなく、石を寄り美しく見せるための技術です。
ですので、宝飾用のアクセサリーを湯に浸すことは避けて、お風呂用に石を使う場合は、お風呂用のものや、私たちがヘアカラーするときにやるパッチテストをするように、石を水やぬるま湯につけてしばらく置いて、色が抜けたりしないか確認してみてくださいね。
そういうことするのは大変、心に余裕が無いの、という場合。
石は、バスルームに一緒にいるだけでもあなたに素敵な時間をくれるはずです。
どうぞ、素敵なバスタイムをお楽しみください。

Site Menu