癒し効果

パワーストーンを土に埋めるってどういうこと?

パワーストーンは、どこからやってきたものなのでしょうか。
パワーストーンは私たちの手元に届く頃にはアクセサリーになっていたり、綺麗に磨かれていたり、立派な宝石になっています。
しかしパワーストーンは、天然石ですよね。

もともとは、土の中に埋まっていたものです。
自然から取れたものなのです。
パワーストーンにとって大地は、最初にいた場所ということです。
パワーストーンを浄化したいとき、土の中に埋めるという方法があります。

私たちが疲れてしまって故郷に帰りたいと思うのと同じように、パワーストーンもまた生まれ故郷である土の中にかえることで、パワーを養うことができるのです。
パワーストーンを土の中に埋めることにより、大地のパワーを吸収することができて、パワーストーンの力が再び充電されることになります。
最近パワーストーンの力が弱っているとか、色が変わってきたと思うのであれば一度パワーストーンを地面に埋めてみてはどうでしょうか。
パワーストーンは、水晶クラスターの上に置いて浄化する方法もあります。

この方法はとても簡単で、一晩置いていたら良いだけです。
一晩で効果がないと感じたならば、一週間程度放置しておきましょう。
土に埋める浄化方法は大変効果が高いですが、結構面倒ですよね。
まず埋める場所を確保しなければなりませんし、庭などがなければ難しくなってしまいます。
埋めた場合、場所をしっかりと覚えなければなりません。

パワーストーンは小さなものなので、埋めてしまってそのままわからなくなってしまうと、失ってしまうことになります。
浄化するためにやっていることなのになくなってしまったら、最悪ですよね。
パワーストーンはその他、水で浄化する方法もあります。
洗面器に浸した水ではなく、水道から水を流す必要があります。

流水でこそパワーストーンを浄化することができるのです。
緩やかな流水で10秒程度パワーストーンを浄化して下さい。
その後は、やわらかい布でパワーストーンを優しく拭いて水気をとりましょう。

Site Menu