癒し効果

パワーストーンのブレスレット、どちらにはめる?

パワーストーンの指輪は目的に合わせてはめる指を選んでいく必要があります。
指によって恋愛運が高くなったり、仕事運が高くなったり変わってくるので、より効果をアップするためにも、指を選んでいく必要があります。
では、パワーストーンのブレスレットの場合はどうなのでしょうか。

ブレスレットも、右にしたら良いとか左にしたら良いとか決まっているのでしょうか。
パワーストーンのブレスレットは、左手にするとより効果的なのではないかと考えられています。
なぜ左手の方がパワーストーンの効果を得ることができるのでしょうか。

パワーストーンの力は、右脳に働きかけるエネルギーが強いと言われています。
左手にはめることにより、直接右脳にエネルギーを送ることができるのです。
また、昔から左手はエネルギーを受け取るための手でもあると言われてきたので、そのような要素からパワーストーンのブレスレットをするならば、左手の方が良いのではないかと言われるようになってきました。

しかし、絶対に左手にしなければならないというわけではありません。
右利きならば左手にしている方が気にならないかもしれませんが、左利きならば邪魔になってしまう可能性もありますよね。
仕事上左の方が傷つきやすいというようなこともあるかもしれません。

パワーストーンのブレスレットは左手の方が効果的だと言われていますが、基本的にどちらの手にしてもそこまで大きく効果が変わると言うわけではないです。
指のようにどこがどの運とはっきり決まっているわけではないのです。
もしも左手が苦手ならば、右手にした方が良いでしょう。

リラックスした状態の方がパワーストーンのエネルギーを体に取り入れることができます。
幾ら左手の方が良いと言われていたとしても、イライラしたり常に意識しているとリラックスすることができなくて、素直にパワーストーンのエネルギーを得ることができなくなってしまうでしょう。
それならば、リラックスした状態で右手の方がずっと効果的なのです。

Site Menu