癒し効果

相性の悪いパワーストーンもあるの?

パワーストーンは相性が大切です。
相性の良いパワーストーンを使えば、お互いの効果をアップさせることができて、さらにパワーを貰うことができるでしょう。
しかし相性の悪いパワーストーンもあります。

パワーストーンそのものに力があるので、相性が悪くて効果を相殺するようなことは少ないのですが、それも気をつけなければあまり良くない組み合わせのパワーストーンを使ってしまう可能性もあります。
パワーストーンを選ぶならばある程度パワーストーンについて勉強してから、購入する必要があるのではないでしょうか。
どのようなパワーストーンは相性が悪いといえるのでしょう。

反対の意味を持つ同士のパワーストーンは、お互いの効果をだめにしてしまうと考えられています。
情熱的、積極的になれるパワーストーンと気持ちを落ちつけるリラックス効果があるパワーストーンは、お互いが逆の意味になっているので相性が良いとは言えません。
暴走をとめるための落ち着くパワーストーンと、新しいことにチャレンジするための積極的なパワーストーンとでは、やはりお互いの効果が違いすぎてお互いの良いところが出なくなってしまいます。

パワーストーンそのものは、悪い力を持っていることはありません。
パワーストーンはその人を幸せにする、純粋なエネルギーで満ち溢れている石です。
ですので、相性の悪いパワーストーンを使ってしまったとしても、災いがやってくるようなことはありません。

不幸が重なるようなこともありません。
パワーストーンはパワーストーン同士の相性も大切ですが、持ち主とパワーストーンの相性も大切だと言われています。
相性の良いパワーストーンは使っていて分ります。

体にすぐなじみますし、つかっていて気持ちの良い感じがするのです。
パワーストーンを使いだしてから運気がアップしていると感じられるならば、精神的に穏やかな日々を送れているならば、相性が良いということになります。
実際使ってみて試してみましょう。

Site Menu